タイ バンコクの不動産、アパート、賃貸マンション(コンドミニアム)、サービスアパート仲介
(66)2-103-3223-4 日本人直通ダイヤル:(66)85-481-1793営業時間 8:30-17:30

タイにMaaSが普及してほしいワケ

July 23, 2020

タイにMaaSが普及してほしいワケ

 

Maasってことば、よく聞きますよね。

中東で流行ったMERSじゃないですよ!

Maas (Mobility as a Service)!

ITをつかっていろんな交通機関をひとつにまとめて効率よく利用できるって、アレです。

 

たとえば外にでかけるとき、目的地までスマホでルート検索すると、
電車・タクシー・バス・船・ライドシェアなどのあらゆる交通機関をむすびつけ、
かつ、運賃も一括決済できてしまいます。

これからは電車もバスも関係なく、ひとくくりにされて利用していくものになっていくんですね。
日光へ行くには電車派・車派の論争も不要になるわけです。

 

Maasをいち早く導入して成功している国といえば、フィンランドや台湾の高雄市が有名ですが、
実は日本でも地域をしぼって実験的にスタートしてるんですね。

たとえば、JR西日本が瀬戸内海で観光型Maasのアプリをテスト運用し、話題になりました。
このアプリは瀬戸内海の観光スポットをめぐる旅行行程を自動作成し、
その移動のための交通機関(電車、船、バス、タクシーなど)の交通情報を一括で提供してくれます。いや~便利!

 

☑進化した未来のMaaS

そして、このMaaS。未来はもっとすごいです。

5Gにより可能となる完全自動運転車が登場すれば、
たとえば家を出る前に目的地まで検索→家に自動運転車が迎えにくる、なんてことも!

しかも、私たちが思う以上に早く実現しそうです。

中国では自動運転車が公共道路で実験開始。じつは遠い未来ではなくなってきてるんですね。

ちなみに、このMaaSが世界中に浸透すれば、ただ便利さを享受するだけではありません。
いろいろありますが、自家用車率が減ると大気汚染も減るし、高齢者にとっても負担が減るわけです。

近未来、自動運転車が普及するうえで、このMaaSは自動運転車が本領を発揮するための
プラットフォームになっていくんだろうと思います。

 

☑タイでぜひMaaSを!

はい、ここでタイです。

三菱商事がフィンランドのMaaS大手企業と組んでアジア展開を狙っていますが、
はやくタイに来ないかと待ち遠しい限りです。

タイのような観光立国だからこそ、このMaaSは効果を存分に発揮するはず!
それに未来、自動運転車が普及すればタイの社会問題であった大気汚染もなくなりますし。
効率の良い交通移動が確立できれば、渋滞だって減るはず。

新しいもの好きのタイの皆さんなら、このMaaSも即効使いこなして、
MaaSモデル国として世界へアピールもできる!

 

と熱く語ってしまいましたが、現場からは以上です。

それでは良い一日を!

比較リスト物件数 0

物件比較リストを見る