タイ バンコクの不動産、アパート、賃貸マンション(コンドミニアム)、サービスアパート仲介
(66)2-103-3223-4 日本人直通ダイヤル:(66)85-481-1793営業時間 8:30-17:30

タイもインドに続け!リープフロッグ現象

July 25, 2020

タイもインドに続け!リープフロッグ現象

 

インドがアツい!

この間ニュースで、Googleが今後5年から7年で100億ドル(約1兆700億円)を
インド市場に投資すると発表とでてました。

アマゾンもFacebookもこぞってインドへ投資を増やしてます。

たしかにGoogleのCEOはインド系アメリカ人ですが、
俺のアイデンティティはインドだからインドにいくぞ!ってことじゃなさそう。

やはり13億人の超大市場!欧米企業や中国企業の手垢がまだついていない、
最後のフロンティアだからなんですね。

インドはあと10年で日本を抜いて世界第三位の経済大国になるといわれています。
しかも国民のうち5億人以上がインターネットを使い、
4億5000万台のスマホが使われています。
そりゃもう、世界中のIT企業は見過ごすわけはありません。
(不動産業界はどうなんだろ)

 

☑インドはIT産業がさらに発達していく!

インドはIT企業がこれからさらにグググッとのびると言われています。
理由はいろいろありますが、
どこかの記事で読んでなるほどな~と思ったのは3つ、

◆生まれながらにして職業がきまっているカースト制度のなかに、
最近生まれたIT産業は規定にないため、低いカーストの人でも、
努力と才能さえあれば一流IT企業への就職も叶うというビッグチャンス。
そのためインド中の若者がこぞってIT技術を習得し、優秀な人材をばんばん輩出している。

◆みんな英語が使える。

◆アメリカとは時差10時間。アメリカ企業とインドの企業が昼夜24時間相互に稼働ができ、
商品開発スピードがめちゃ早いため、アメリカIT企業がインドのIT企業と組みたがる(→アメリカの最新技術が得られる!)

 

中国もそうでしたが、インドもついこの間までは途上国というイメージだったはず。
(とうよりいまだに象とカレーの国しかイメージがない人も、、)

それが今ではIT超大国になろうとしているのです。

 

☑リープフロッグ現象

新興国が最先端技術を導入して一気に飛躍することを、「リープフロッグ現象」というそうです。
Leapfrog、直訳すると「蛙跳び」です。

つまり、欧米や日本がこれまで技術をコツコツ作り上げてきた下積みの期間を、
下からカエル跳びして、一気に頂点まで駆け上がるってわけですね。
中国もしかり、インドもしかり。成熟国家といわれるわたしたちにとって、
何やら元気があってうらやましい。

 

☑タイもリープフロッグ現象になるか?

タイは少子高齢化。10年後には徐々に人口が減っていくと言われています。

インドとは状況がちょっと違いますけど、高齢化が進むならば、健康や長寿の意識が高まり、
健康に関する最先端技術が一気に普及する可能性はあります。

少子高齢化のベテランでこの辺の技術やデータを蓄えている日本にとって、
これはビッグチャンスですよね。

感受性の高いタイなら、インドに続いてリープフロッグ現象を
起こしてくれると期待したいです!

それでは良い一日を!

比較リスト物件数 0

物件比較リストを見る