日々暮らしをしている中で疲労が積み重ならないよう 1日が終わる前に疲労の回復について考える機会が増えています。 結果、最近は疲労の軽減を考えることが回復へ向けて 効果的なのではないかと感じ試行錯誤の毎日です。 疲労の種類、大きく分けて3つ – 身体的な疲労  – 脳の疲労 – 心の疲労 睡眠、食事、運動、読書、人間関係が疲労回復の鍵を握っていると思うのですが、 日の出の時間帯前後に軽く運動をし、 運動後に数分だけでも読書をすることを心がけています。 スニーカーを履いて外へ出れば少しは動け、 書籍を手にすれば少しは読書ができます。 誰かと笑顔で挨拶をすると心が和みます。 脳の疲労軽減を考慮すると 頭、脳を使う仕事は可能な限り午前中にスケジューリングすることで 疲労の軽減につながると感じています。 …