タイ バンコクの不動産、アパート、賃貸マンション(コンドミニアム)、サービスアパート仲介
(66)2-103-3223-4 日本人直通ダイヤル:(66)85-481-1793営業時間 8:30-17:30

TikTok vs Instagram

July 29, 2020

TikTok vs Instagram

 

なにかとホットな話題が多いTikTok。
みなさん、利用していますか?

こんな記事を書いていて恐縮ですが、わたしはほぼ利用したことないです。。

でも、すでに20億ダウンロード数を誇り、サービスを運営するByteDanceの時価総額10兆円を超え、
いまや世界一のユニコーン企業といわれています。
日本ではTikTok利用者数は1,000万人に届いていない(ちなみにInstagramの国内利用者3,300万人)
といわれていますが、世界を見れば圧倒的影響力を持つSNSであることは間違いありません。

タイでも利用者が多く、チェンマイの山奥に住んでいる山岳民族の女の子たちもガンガン投稿してます。

 

☑Facebookが動き出した。

そんなTikTok。いま世界中で敷かれつつあるTikTok包囲網が話題にあがりますよね。

ファーウェイからはじまり、アメリカと中国がハイテク産業の覇権争いでバチバチ。
アメリカからの同盟国へのTikTokはずし参加要請に呼応して(?)、
ついに日本も禁止を視野に動きがでてきましたね。

インドは先駆けてTikTok国内利用禁止。大勢のインド人ユーザーが、
アメリカ発の類似動画アプリTrillerへ乗りかえはじめているそうです。

さて、ここにきてTikTokの地位を奪いに動いているのは、やはり巨人テック企業の一角
Facebookのマークザッカーバーグ氏。

グループの主力であるInstagram内のショート動画アプリ「Reels」を、これを機に
さらに世界へ普及させようと力を入れ始めています。
このReels、TikTokのクローンと揶揄されてきましたが、実はこのクローンによる
ライバルへの攻撃がFacebookの常とう手段。

過去、写真シェアアプリを運営するSnapchatが、Facebookからの巨額買収案を断ったとき、
「ふーん、だったら」ということでつくったクローンアプリInstagramのストーリーズ機能が、
いまでは主力の一つに。

TikTokも以前同じく買収を断ってからのFacebookの類似アプリReels発表ですので、
このクローン攻撃がここにきて「好機」となるのでしょうか。

さらにFacebookは、数百万人のフォロワーを持つTikTokインフルエンサーに、
金銭的なインセンティブを提供し、Reelsへの鞍替えもすすめています。
(トップクラスのインフルエンサーへの打診額は数十万ドル。数千万円規模、獲りに行く本気度が伝わってきますね、、。)

恐るべし、ザッカーバーグ。

 

ただ、TikTok側も指をくわえてみているだけでは終わらないと思います。
今の地位を維持させて、かつ新たなイノベーションを起こしそうな気がしますね!
すでにSNS飽きしていて、新しいアプリが普及しずらい今、どんな手を打ってくるのか注目です。

 
それでは良い一日を!

※トップ画像の人物はザッカーバーグ氏です。全然にてないですけど、、。

比較リスト物件数 0

物件比較リストを見る